読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢追いきのこ

「基本どうでもいいけどたまに深い」をコンセプトに、常にふざけ、時に熱く、きのこの日常で感じたことやふと感じたこと、ときに感じたことや、いつも感じていることを感じるがままに感じる日記

22歳の誕生日、男と二人でディズニーランドへ向かう、の巻

どうも、
諦められへんことを
諦められへんって理由で
諦めることさえも忘れた瞬間に
奇跡が起きると俺は信じている林です。

1994年4月29日、みどりの日。好きな色はピンク。

我輩は生まれた。
現在は、昭和の日と名前を変え、日本の祝日となっている。
日本にも祝われ、我輩は毎年幸せを感じている。

そう、我輩も昨日で無事22歳を迎えた。

SPONSER LINK

 

28日の夜、和田町駅の近くにあるバー「Private Garden」に呼び出され、お高いシャンパンをご馳走していただいた。

そこにいた友人2人に誕生日プレゼントとしてうまい棒100本をプレゼントされ、22歳初めてイラッとした。

f:id:DaIKiNoCo3:20160430180655j:image

次に笑笑に移動、友人2人と合流し、学生のお財布には非常に優しい「綺羅星」という中2病感丸出しの焼酎を飲み交わした。

話すネタがなくなり、我輩の誕生日を祝うのも飽きてきた我々はカラオケ部屋に移動。

時間も忘れ、上裸で歌い明かした。

午前5時、店を出るとすっかり夜は明け、青空が広がっていた。

まるで我輩の誕生日をお祝いしてくれているようだった。

友人Iと、我輩の家に帰り、眠りについた。

そして朝、いやむしろ昼。

午後1時、我輩は起きた。

二日酔いだった。昨日酒を飲んだことを後悔し、二度と酒は飲まないと誓った。

誕生日終了まで残り11時間。

1年に1度、特別な日に何をしようか

そういえば去年、たくさんの仲間たちとディズニーにいったな

f:id:DaIKiNoCo3:20160430190212j:image

彼女もいないきのこ。

苦渋の決断をした。

我輩が潔癖症であることを知りながら、いつも家に来ると風呂にも入らずパン一で寝だす友人Iとディズニーランドに行こう。

ディズニーランドが俺を呼んでいた。

ただ普通にディズニーに行っても面白くない。

スーツでディズニーに行こう

そう思い立った我輩はスーツに着替えたのだが、どこかしっくりこない。

そう、それはすべて下半身に問題があったのだ。

すかさず短パンに着替え、今の最先端ファッション「靴下くしゃっとすね毛隠し」を取り入れた。

f:id:DaIKiNoCo3:20160430181231j:image

さすがにキモいと思い、普通の服装で行くことにした。

SPONSER LINK

 

アフター6で行こうと思っていたので、横浜駅で町田商店を食べ、元気なボイスを聞き、舞浜駅に向かった。

午後5時45分。ディズニーランドのチケット販売窓口。

そこで事件は起きた。

アフター6は祝日に適応されないことを知るのである。

チケットの値段が5400円

22歳2度めのイラ体験。帰ろうと思った。

ディズニーランドに入り、誕生日ステッカーをもらう。
名前はチョ。

f:id:DaIKiNoCo3:20160501093405j:image

そしてふと我に返った。

男で2人ディズニー。

帰ろうと思った。

寂しがり屋の我輩は、祝われたがり。
ディズニーランドで誕生日を祝ってくれるレストランを調べた。
どうやら「ザ・ダイヤモンドホースシュー」というところで祝ってくれるようだったので、レストランに向かうことに。

予約制のレストランですでに満席であることを知った。

帰ろうと思った。

外は寒く、風が吹き、我輩の前髪を無造作にいじくりまわしてくる。

風はハゲの天敵。

帰ろうと思った。

ただディズニーを楽しんでも面白くない。
友人と写真を撮ることにした。

f:id:DaIKiNoCo3:20160430181318j:image

帰ろうと思った。

なんやかんや、ディズニーを楽しんだ男2人。

午後10時15分。
横浜駅へ向かうバス停で待っていると、あのごめいくんから電話が。

「誕生日おめでとう。今から飲むよ」

気づいたら和田町のカラオケ内でお酒に囲まれていた。

ごめいくんにアルハラをされ、いつの間にか上裸で栄光の架橋を熱唱していた。

f:id:DaIKiNoCo3:20160430202915j:image

4月30日午前6時。

空は青く輝き、誕生日の終わりを告げる。

9時55分からバイトがあるので、目覚ましをセットした。
友人Iの3日間熟成されたパンツ。
彼は、またパンイチで寝ようとしていたので、バスパンを貸し、パンツにカバーをかけた。

案の定起きたのは午後1時。

二日酔い、酒は2度と飲まないと誓うのと同時にすべてを悟った。

TWは、怒られるであろう我輩の心をエンジン音で癒してくれた。

22歳。
素敵な歳になりそうです。

SPONSER LINK