読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

夢追いきのこ

「基本どうでもいいけどたまに深い」をコンセプトに、常にふざけ、時に熱く、きのこの日常で感じたことやふと感じたこと、ときに感じたことや、いつも感じていることを感じるがままに感じる日記

BEAMSのお姉さんのむちゃぶりがすごい

どうもご無沙汰しております、前回のヤツがバズって調子に乗ってる林です。

 

↓前回のヤツ

daikinoco3.hateblo.jp

 

ここ最近といえば、友人G、つまりごめいくんの誕生日があり、

 

「なにをプレゼントすれば喜んでくれるだろう」

 

と考えに考え、頭をひねりにひねって彼へのプレゼントを考えていたら、ファミコンしか思い浮かぶ節がなく、横浜駅で探してみたが、ちゃんと使用できるファミコンが販売されていなかったので、仕方なくバランスボール4つをプレゼントしたことは記憶に新しい。

 

SPONSER LINK

 

 

ごめいくんはどうでもいいので、さっそく本題に 

我輩は、これまで雨の日に履く靴というものが家を探してもどこにもなく、困っていた。

ある程度履いて年季の入った靴をそれ専用の靴にしていたのだが、汚い靴を履いているのもみすぼらしく、すべて捨ててしまったのだ。 

ということで、雨の日でも履ける靴を買おうということで、我輩の好きなお店BEAMS

 

目的はこいつを買うため。

 

 

まあかっけ〜んだこいつが

 実際に買ったのは色違いだが、何にでも合う。

ジーパンでもスキニーでもチノパンにもやきそば、ご飯にも合う。

 

しかも雨の日にも履けるのが最高だ。

 

こいつを見た我輩は一目惚れをして、いつの間にか「BEAMS 横浜東口店」にいた。

そしてすかさず靴の並んでいる棚を見て、すべての靴の匂いを嗅いだ。

あまりにも怪しすぎたので、BEAMSの店員が、

 

「なにかお探しのものはありますか?」

 

「あ、すみません、この靴のかかとに、はなくそつけておきました」

 

というのは嘘でサイズ合わせをしてくれ、お気に入りの色の在庫がなかったのでその場で他店舗にないか探してくれた。

 

BEAMSの接客は個人的にとても好きだ。

飾らず、買え買えと押し売りもなく、似合っているかどうかも正直に言ってくれる。

自分ならこっち買うかな、なんて求めてもない意見をたまに言ってくるがそれはそれで好きだし、なにより挙動不審で明らかに接客向いてないだろ!って人もファッションのセンスを買って雇っているのも好きだ。

現社長の設楽洋さんは尊敬する経営者の1人で、我輩は高校生の時から好きだった。

山形から上京してきたのも、BEAMSで働きたいと思っていたのも1つの理由だったのだが、大学1年の時にいざ調べてみたら勤務条件が満たせなく、諦めたのを今でも覚えている。

まあそのくらい好きなのだ。

 

SPONSER LINK

 

 

どうやらジョイナスに最近できた「ビームス ストリート 横浜」に在庫があるようだったので、挙動不審の店員とお別れをして、店に向かった。 

まず、1つみなさんにお伝えしておこう。

 

ビームスの店員は可愛い。

 

悪いがこの主張だけは異議を認めない。

我輩は店内に入るや否や、ビームスの女性店員を見つけ出し顔面を見る。

そして惚れる。

 

男子校出身の人間はどうしてこんなにも単純なのだろうか。

 

一番タイプのお姉さんを見つけ、話をかける。

 

「靴を取りに来ました!」

 

「あ、小林様ですね!」

 

林であることは言うまでもないがどうやら思ったよりも小さかったらしい。

我輩は、その女性スタッフに惚れ込んでしまい、靴だけを購入すればよかったのに、もっと話をしたいという一心で

 

「靴下も欲しいんですよね!」

 

と適当な一言をかましてみた。

 

そしたら案の上様々な靴下を一緒に選んでくれ、約10ヶ月彼女のいない我輩はデート気分を味わっていた。

このままでは決められないと思い、今度はこのタグが付いている靴下がほしいというわけのわからない基準を設けた。

f:id:DaIKiNoCo3:20160420001332j:plain

履く時には、とってしまうというのにだ。

実際国産の製品を買うようにこだわってはいるので、いいとしよう。

 

悪夢はこれからである。

 

お姉さんがオススメしてきた靴下、それがこれなのだが、

 

f:id:DaIKiNoCo3:20160420001350j:plain

一見普通そうに見えるがこれ、ありえないくらい長い。

 

「いやいやこれどうやって履くんですか!?」

 

「片方はちゃんと履いて、片方はくしゃってすればおしゃれですよ!」

 

「はい!」

 

素直な我輩は、この靴下をともに購入し店を後にした。 

実際履いてみたのだが

 

 

 

 

お姉さんこれ...

 

 

 

 

f:id:DaIKiNoCo3:20160420001208j:plain

 

 

 

 

ただのすね毛隠し...

 

しかもよく見ると靴下の縫い目と縫い目の間からすね毛が顔を出しているじゃないか...

 

すね毛隠せてない...

 

いや待て。

この履き方は違う。

お姉さんに教えてもらった靴下の履き方はこれじゃない。

片方はちゃんと履いて、片方はくしゃってすればおしゃれなんだ。

 

 

 

 

お、お姉さん...

 

 

 

 

f:id:DaIKiNoCo3:20160420001236j:plain

 

 

 

 

すねあたりを骨折したやあつ

 

 

 

 

これは流石の俺でも着こなすの難しいよ...

 

なんならこれわざわざパンイチになって一眼レフで自撮りしてるよ...

 

ま、せっかく買ったので、頑張って着こなしたいと思います。

 

人間頑張れば、なんとなかなる。

 

乞うご期待!!!

そして届けこの記事よお姉さんに!!!

SPONSER LINK